妊娠線はニベアクリームでケアできるってホント?

妊娠線ケアのための専用クリームやオイルは、そこそこのお値段がします。

そこでプレママさん達の多くが「自宅に今あるもの代用できないんだろうか…」と考えるのは、至極当然の話。

ネット上では、ニベアクリームの青缶で代用した!という話も多く聞きます。

この記事では

  • ニベア青缶はどんなクリームなの?
  • 妊娠線ケアに使える?

をまとめてあります。

ニベアってどんなクリーム?

昔から売られている、保湿クリームの代表選手ですよね。家に常備している人も多いかなと思います。

一度も見たことが無い人はいないのでは?

何と言っても子どもからお年寄りまで使える汎用性があることと、値段が安くてコスパが良いことが最大の理由かと。

ニベアは鉱物油であるミネラルオイル、植物成分であるグリセリン、そしてワセリンなどを合わせた『油分で肌をコーティングするタイプ』の保湿クリームです。

成分の配合はとってもシンプル。だからこそ万人に合いやすい商品とも言えますね。

妊娠線ケアにニベアは…人による印象

『ニベアを塗っていたら妊娠線ができなかった』というネット上の口コミは確かに多いんです。

ですが、クリーム自体に妊娠線をしっかりケアする力があったかというのはちょっと疑問が残ります。
先ほども書いたように、ニベアは『油分で皮ふ表面をコーティングして保湿するタイプ』のクリーム。

  • 元々お肌に水分量がしっかりある人
  • あまりお腹が大きくならなかった人
  • 急激にお腹が膨らまなかった人(徐々に大きくしていけた人)

だと、ニベアでもいいのかもしれません。

ですが、水分量がそれほど多くなく肌の柔軟性が無い妊婦さんや、急に体重が増えてしまった妊婦さん・鉱物油で荒れてしまう敏感肌の妊婦さんには向かないと思います。

妊娠線は皮ふ表面で起こるのではなく、真皮やその下の皮膚組織でおこるもの。

その部分がしっかり潤って柔らかくなっていないと、断裂は防げないからです。

ニベアによる『表面のコーティングだけ』で線ができるのを免れた人は、おそらく元々お肌の水分量が十分に備わっていた方だったのかな?という印象を受けます。

妊娠線予防の専用クリームは、確かにそこそこのお値段がします。

ただその分浸透力に優れ、美容的にも最先端のテクノロジーが詰まっています。

お腹の部分の肌水分量なんて自分じゃなかなかわかりません。

できてしまうと二度と治らない妊娠線。安心を買っておく方が後悔しないかなと思います。

投稿日:

Copyright© naoらーめん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.